環境就職ナビ(環境の仕事案内)

2023

新卒者対象


環境分野
①求人情報 ②新卒紹介 ③会社合同説明会 のサイト

※中途採用は EcoJob サイトへ

What's New

2021年11月26日

環境TV番組紹介「絶滅から救え!日本の野生動物」、「それでもプラスチック必要ですか?人体むしばむプラスチック」、「スペイン エネルギー価格高騰、脱炭素の不都合な真実」等

2021年11月26日

環境就職セミナーと新卒紹介の応募フォームが復旧しました。ご応募頂いた方にはご迷惑おかけしまして深くお詫びいたします。

2021年11月24日

お詫び:システムトラブルにより、環境就職セミナーと新卒紹介の応募フォームに不具合が発生していたことが判明しました。

2021年11月19日

環境TV番組紹介「2030未来への分岐点 特別編 持続可能な未来のために」、「オーストラリア森林火災 動物救出大作戦!」

2021年11月12日

環境TV番組紹介「EVシフトの衝撃~岐路に立つ自動車大国・日本~」、「ノガンを絶滅させない! ~守り人たちの挑戦~」

2021年11月09日

来春の環境会社合同説明会(科学技術館&オンライン)は2022年3月2日(水)に決定しました!

2021年11月05日

環境TV番組紹介「NHKスペシャル グレート・リセット ~脱炭素社会 最前線を追う~」、「ダーウィンが来た! 都会に潜むナゾを徹底取材!東京生きもの調査隊」

2021年11月02日

日程変更のお詫び
11/11(木)環境就職ナビ2023 稼働開始!
11/12(金)EcoJob環境就職セミナー web参加も可
※来春の環境会社合同説明会(科学技術館)は2/16或は3/2で最終調整しています!

2021年10月31日

環境ニュース「米の脱炭素政策に暗雲」、就職ニュース「安定化志向の学生が増加

2021年10月29日

環境TV番組紹介「ダーウィンが来た! 選 "植物すごいぜ!緑の超世界へ大冒険"」、「NHKスペシャル アーカイブ"激変する世界ビジネス 脱炭素革命の衝撃"の完全版」等

2021年10月22日

今後の予定
10/28(木)明治大学 政治経済学部講義 環境と雇用【終了】
11/01(月)環境就職ナビ2023 Open!【延期】
11/03(水)EcoJob環境就職セミナー web参加も可【延期】

2021年03月29日

おすすめ環境図書&雑誌更新。「データでわかる 2030年 地球のすがた」。筆者は脱炭素、SDGs分野について、日本で最も精通している。

2021年03月17日

環境新聞 増刊 タブロイド版 3/3号 (3/10 環境会社合同説明会 配布)

2022タブロイド表紙


2021年03月10日

環境会社合同説明会は無事終了致しました。緊急事態宣言下にもかかわらすご参加頂きました環境企業様と学生様、そしてオンライン参加頂いた学生様、心より御礼申し上げます。
今後は求人広告、新卒紹介、環境就職セミナー等をご利用頂ければ幸いです。

過去のWhat's New
▲このページの先頭へ戻る

就職 News

2021年10月31日
安定志向の学生が増加


コロナ禍影響で直接打撃を受ける業種以外は、22年卒の新卒採用意欲は堅調だった結果で、23年卒も同様の傾向との専門家の意見が多い。「多少業績が悪化しても、新卒採用はある程度維持する」という企業が増えているようだ。
10月1日時点、22年卒の大学生(大学院生除く)の就職内定率は92.4%とコロナ禍以前の2020年卒と同水準、進路確定率は87.5%とこちらも20年卒と同水準で、最も多いのが、「民間企業の就職先が確定している」で72.9%、次いで「公務員の就職先が確定している」が(4.2%)、コロナ禍の影響で安定志向の学生が増えたのか、公務員を確定させた人の割合はここ3年で最も高くなった。
また22年卒のスタートアップと大手企業のどちらを志望するかの学生2000人調査で、大手志望が55.3%(前学年比12.9ポイント増)、スタートアップ志望は4.7%(同9.2ポイント減)、就職の軸として考えていないは22%、同じ位は18%という結果で、大手志望が高まった結果になった。
就活の難易度について「厳しい」と回答している学生が多い調査結果もあるが、コロナ禍で「将来的に見て安心・安全な企業に就職したい」との思いが強まり、大手志向の学生が増えているが、大手の求人が増えている訳ではないのも原因と推測出来る。
学生は「安心・安全」を、短絡的に大手等の規模だけにこだわる傾向があるようだが、業種、事業内容、社風、社長の方針、将来性等を見極めること、会社は伝えることが重要だ。コロナ禍2年目でWeb面接が定着し、会社説明会や一次面接はWebで十分可能と分かり、最終面接は人、社風、企業風土等を対面で確認する傾向が定着している。このスタイルを基に、進捗の早さに惑わされることなく、学生或は会社自身をしっかり伝え合うことが重要のようだ。



良記事選



2021年9月30日
23年卒採用&就職活動について


コロナ禍で大きな影響を受ける業種以外は、22年卒新卒採用意欲は堅調だった結果で、23年卒も同様の傾向との専門家の意見が多い。「多少業績が悪化しても、新卒採用はある程度維持する」という企業が増えているようだ。
就活の難易度について「厳しい」と回答している学生が多い調査結果もあるが、コロナ禍で「将来的に見て安心・安全な企業に就職したい」との思いが強まり、大手志向の学生が増えているが、大手の求人が増えている訳ではないのも原因と推測出来る。
学生は「安心・安全」を、短絡的に大手等の規模だけにこだわる傾向があるようだが、業種、事業内容、社風、社長の方針、将来性等を見極めること、会社は伝えることが重要だ。
コロナ禍2年目でWeb面接が定着し、会社説明会や一次面接はWebで十分可能と分かり、最終面接は人、社風、企業風土等を対面で確認する傾向が定着している。
23年卒の就職活動、採用活動が例年より早まっているとの調査も少なくないが、時期等に惑わされることなく、新たに定着しつつある就職活動、採用活動のスタイルを基に、これまで通り、学生或は会社自身をしっかり伝え合うことが重要のようだ。



良記事選



過去の就職 News
▲このページの先頭へ戻る

環境 News

2021年10月31日
米の脱炭素政策に暗雲


政権の最重要政策の1つと位置付ける気候変動対策が盛り込まれた、バイデン政権目玉の二大法案の議会での成立に暗雲が立ち込めている。
今後10年で投じる、1兆ドル(約114兆円)規模のインフラ投資法案と、3兆5000億ドル(約400兆円)規模の大型経済対策法案共への議会での決議でだ。
大型経済対策法案は、半減の1兆7500億ドルで譲歩し、その中で気候変動対策として5550億ドル(約63兆円)を投じる。
大型歳出法案では、クリーン電力を増やす電力会社に助成金、未達成の会社に罰金を科す「クリーン電力プログラム」や再エネ利用・創出の事業者や住宅所有者、電気自動車購入ステーションへの「税額控除税」、「充電ステーションの整備」等が盛り込まれてが、クリーン電力プログラムは外れる様子だ。
バイデン氏は「2030年に温暖化ガスの排出を(05年比)50~52%減らすのに十分だ」と主張しているが、米主要環境団体の試算によると、30年の削減率50%のうち4?5%を占める最も多い部分だと言う。
コロナ危機対応で3月に1.9兆ドルを一気に費やしたのと異なり、今回は10年で1.75兆ドル。しかも財源は基本的に増税で賄う道筋も立てた。
インフラ投資法案では、再生可能エネルギーに重要な電力網の整備等が含まれており、上院では可決され、下院での最終可決を待つ。



良記事選



2021年9月30日
脱炭素社会での水素の動向


東京オリパラの聖火台でも水素が使われる時代、今月は脱炭素社会の実現で鍵を握る水素の最新情報にフォーカスする。脱炭素政策を強力に推し進めるバイデン政権に加え、本家のEUの脱炭素政策も、今週のドイツ総選挙で第3党に躍進した緑の党が連立政権に加わる可能性により、より一層強くなる方向だ。
アフリカ諸国でもその日照と風の利点をから、欧州市場を目指して、再生可能エネルギーと組み合わせた「グリーン水素」事業が相次ぎ、サウジアラビアでも国家事業の核に水素事業を掲げた。
日本では昨年12月「水素バリューチェーン推進協議会」が立ち上がり、今8月時点で約250社・団体が参加し、政策提言など具体的な活動を行っているが、昨日の自民党の総裁選にて岸田総裁が決定したことにより、脱炭素、水素重視の方向は変わらないが、河野大臣が掲げていたような、脱炭素、水素社会への加速度的な流れ、大きな舵を切ることはなさそうだ。
今後世界の脱炭素社会への変革から日本が遅れることがないようにすると同時に、トヨタの豊田社長が「敵は内燃機関ではなく炭素」と言うように、カーボンニュートラルに向けて電動化のみにシフトすることなく、日本の強みでもある、ハイブリッドや内燃機関などを含め、様々な選択肢を模索し、それらを世界へ発信していくのも重要だ。それが国内外の自動車産業等の炭素排出産業に関わる人々の雇用や基幹産業を守り、脱炭素社会実現への抵抗を最小限にする方策である。



良記事選



過去の環境 News
▲このページの先頭へ戻る

今週の環境TV番組

11月28日
ダーウィンが来た!・選
「干満差世界一の海!渡り鳥200万羽が大騒動」
[BSプレミアム]
午前8:30~午前9:00(30分)
世界一の潮の満ち干がダイナミックな光景をもたらし、生きものたちの大騒動を巻き起こす。北米の大西洋岸、カナダとアメリカの国境にまたがるファンディ湾は、最大16m、5階建てビルの高さにも相当する世界一の干満差を誇る。これが200万羽もの渡り鳥、ヒレアシトウネンを呼び寄せる。浜は鳥たちで満員電車のような大混雑。これを狙って天敵ハヤブサもやってくる。それでも大集結する渡り鳥たちの目的とは? 歌:MISIA

ダーウィンが来た!
「さかなクン一押し!スゴ技ハンター!ヘラヤガラ」
[総合]
午後7:30~午後8:00(30分)
舞台は日本屈指の魚の宝庫、高知県の柏島。ヘラヤガラは浅瀬の岩場でよく見られる。全長は60cmほど。細長い体にこれまた細長いウマのような顔と、なんともユーモラスな姿の魚だ。しかし、その見た目からは想像もつかないスゴ技のハンターなのだ。独特の逆さ泳ぎで、岩の隙間に身を隠す小魚を目ざとく見つけ出したり、巨大魚に付きまとう奇抜な作戦で獲物に忍び寄ったり。さかなクンと一緒に狩りのスゴ技に迫る!歌:MISIA

BS1スペシャル それでもプラスチックは必要ですか?人体むしばむプラスチック
[BS1]
午後10:00~午後10:50(50分)
いまや人類の生活の隅々に入り込んでいるプラスチック。人体にどのような影響を及ぼすのか?欧米のドキュメンタリー制作者たちが、研究の最前線を取材、複数の家族を調べた。するとプラスチック中の化学物質によって子どもの脳の発達が阻害される可能性が浮き彫りに。また、ホルモンバランスが影響を受けることも危惧される。国際共同制作2021

サイエンスZERO
「脱炭素のトップランナー “二酸化炭素回収技術”大集合」
[Eテレ]
午後11:30~午前0:00(30分)
温暖化対策の切り札として期待される「二酸化炭素の回収技術」を大特集。排出される二酸化炭素を地下深くに閉じ込めたり、コンクリートにして固めたり、さらには特殊な膜で集める方法や微生物を使って捕まえる方法まで!今、日本で、そして世界で、回収技術の開発競争が過熱している。脱炭素技術の最先端を、日本のトップ研究機関が集うプロジェクトの研究者たち、そして、二酸化炭素問題に挑む若き発明家とともに迫る。

地球ドラマチック「オーストラリア森林火災 動物救出大作戦!」
[Eテレ]
11月29日午前0:00~午前0:45(45分)
気候変動の影響を受け、世界各地で発生する大規模な森林火災。2019年にオーストラリアで起きた山火事は甚大な被害をもたらした。番組では、コアラやカンガルー、ウォンバットなどオーストラリアの野生動物たちを火災から救出、手当をして森にかえすために尽力する人々に密着した。居場所を失っていく動物たちの厳しい現実と彼らとともに生きようと懸命に取り組む人々の絆を描く。(オーストラリア2020年)


11月29日
ワイルドライフ
▽潜入!足元のにぎやかな世界知られざる昆虫のコミュニケーション
[BSプレミアム]
午前8:00~午前9:00(60分)
匂いや光を使うなど、昆虫のコミュニケーションは実に多彩だ。中でも今、注目される手段が「振動」。翅で空気を震わせて美しい音色を奏でるスズムシやコオロギなどの鳴く虫たち。体を震わせ振動を生み出し、求愛ダンスを踊るナナホシキンカメムシ。尻振りや羽ばたきの振動で蜜源の距離や方向を仲間と共有するセイヨウミツバチ。振動を巧みに操ってコミュニケーションをする昆虫たち。その驚きの世界に潜入する。

ワイルドライフ
「アフリカ セレンゲティ 孤高のハンター 苦難の子育て」
[BSプレミアム]
午後8:00~午後9:00(60分)
アフリカのセレンゲティ平原。インパラやヌーなどの草食動物。それらを糧にライオンやハイエナが暮らす。肉食動物がひしめく中で確固たる地位を築いているのがヒョウ。ヒョウはライオンに比べ体の大きさは半分。群れを作らず単独で生活する。今回、川沿いに暮らすメスに長期密着した。数々の試練に見舞われながら次世代のハンターを育て上げていく。その劇的な生きざまには、しなやかなハンター、ヒョウ成功の秘密が隠されていた!


11月30日
ETV特集
「原発事故“最悪のシナリオ”~そのとき誰が命を懸けるのか~」
[Eテレ]
午前0:25~午前1:55(90分)
原発事故は、最悪の場合この国にどんな事態をもたらすのか。その時、何をなすべきか―。東京電力福島第一原発事故発生直後から官邸や米軍、自衛隊などが、それぞれ極秘裏に「最悪のシナリオ」の作成に着手していた。番組では、菅元首相、北澤元防衛相など総勢100名以上に独自取材。浮かび上がってきたのは、「誰が命を懸けて原発の暴走を止めるのか」という究極の問いだった。


12月01日
BS1スペシャル
「ゴミが教えてくれたこと~あるゴミ収集員の記録~」
[BS1]
午後1:00~午後1:50(50分)
コロナ禍で奮闘するゴミ収集員の日常をノーナレーションで伝える。ゴミ排出量が日本一街・横浜で、ゴミ収集の仕事をする岳裕介。街が寝静まった深夜、回収車に乗り込み、人知れずゴミを集めて回る。黙々と目の前のゴミを回収し続け一日三トンのゴミを集める。「誰かがやらなければならない仕事だから」と語る岳。かつては『ゴミ屋』と蔑まれ、葛藤した日々があった。それでもゴミと向き合い続けた先に、男が見つけたものとは?

ワイルドライフ
「絶滅から救え!日本の野生動物」
[BSプレミアム]
午後2:52~午後3:52(60分)
日本で絶滅の恐れがある野生動物は1446種。そうした生きものたちを救おうと様々なプロジェクトが行われている。70年前、絶滅寸前まで追いつめられた伊豆諸島、鳥島のアホウドリを6200羽以上にまで回復させた取り組み。長崎県の対馬では動物園生まれのツシマヤマネコを野生に戻すための技術開発が始まっている。高山で暮らすライチョウを守るのはこれまでの常識を覆す奇抜な作戦。番組では日本の野生動物保護最前線を追う

クローズアップ現代+
▽タマゴの値段が上がるかも!?アニマルウェルフェアって何?
[BS1]
午後5:30~午後6:00(30分)
身近な食材タマゴに今、大きな変化が。世界で新たな潮流となっている「アニマルウェルフェア」だ。家畜にとってストレスや苦痛が少ない飼育環境を目指す動きが広がっている。EUでは狭いケージでの養鶏は禁止、アメリカでは大手企業がケージフリー飼育のタマゴへの切り替えを宣言。背景には環境・社会への配慮を打ち出すことで企業価値を高めようとする戦略も。世界に拡大する食の新潮流は、日本に何をもたらすのか?

国際報道2021
スペイン エネルギー価格高騰、脱炭素の不都合な真実
[BS1]
午後10:00~午後10:40(40分)
エネルギー価格高騰の欧州。中でもスペインは家庭の電気代が前年比3割以上と深刻だ。背景には脱炭素社会の実現に伴う副作用のような構造問題が。この夏スペインでは風力発電量が大きく落ち込み、電力会社は火力発電をフル稼働させて補ったがガスは需要増で急騰。さらにCO2を余計に出した分、市場から排出枠を買う必要に迫られたがその価格は年始から2倍に。そのダブルの価格上昇のツケが消費者に回る結果となった。※SDGs


12月02日
BS1スペシャル
それでもプラスチック必要ですか?人体むしばむプラスチック
[BS1]
午前9:00~午前9:50(50分)
いまや人類の生活の隅々に入り込んでいるプラスチック。人体にどのような影響を及ぼすのか?欧米のドキュメンタリー制作者たちが、研究の最前線を取材、複数の家族を調べた。するとプラスチック中の化学物質によって子どもの脳の発達が阻害される可能性が浮き彫りに。また、ホルモンバランスが影響を受けることも危惧される。国際共同制作2021


12月03日
BS1スペシャル“激変”
第2夜「都知事指令!夢の島焦土作戦」
[BS1]
午後7:00~午後7:50(50分)
「暮らしを揺るがした激変」を人々はどう乗り越えたのか発掘映像で描く証言ドキュメント。高度経済成長で急増した東京のゴミの終着地・夢の島。1965年、対岸の街が突然、害虫の大群に襲われ小学校が休校になる異常事態に!都市美化を進め東京五輪を成功させた東龍太郎知事がゴミ問題で窮地に!下した決断が消火が本業の隊員に島を焼かせる前代未聞の対策だった!NHKに眠っていたフィルムを元に俳優・松重豊が謎の作戦に迫る
※全国放送のNHK番組をご紹介しております!
過去の環境TV番組
▲このページの先頭へ戻る

環境分野 おすすめの雑誌&本

データでわかる 2030年 地球のすがた [本]
夫馬賢治 著 日本経済新聞出版


データでわかる 2030年 地球のすがた

いま世界でなにが問題視されているのか、このままの状態が続くと近い将来世界がどうなるのかを、一般層に向けてわかりやすく説明する。
取り上げるのは気候変動にともなう天災、食糧危機。フードロスや、乱獲による水産資源の減少、そして「水リスク」。コロナ問題で一気に他人ごとではなくなった感染症問題。さらに途上国の工場をめぐる人権問題など、我々をとりまく課題について、ひととおり理解ができるようにする。
一般ビジネスパーソンに向けて、先行する欧米企業がどのような動きをし、投資家がどう見ているのかといった内容を紹介する。

EcoJobより:この分野において、おそらく現在日本で一番精通している著者の良書。


過去の環境Books&Magazines
▲このページの先頭へ戻る

環境展示会 2021


03月17日(水)~03月19日(金)
「NEW環境展」
最新の環境・リサイクル機器や地球温暖化対策の技術が一堂に会する見本市
主催:日報ビジネス(株)
料金:¥1000 (事前登録者無料)
会場:東京ビックサイト 西1・2ホール


03月17日(水)~03月19日(金)
2021 地球温暖化防止展
最新の環境・リサイクル機器や地球温暖化対策の技術が一堂に会する見本市
主催:2021地球温暖化防止展事務局
料金:¥1000 (事前登録者無料)
会場:東京ビックサイト 西1・2ホール


3月03日(水)~3月05日(金)
「スマートエネルギーWeek 2021」
エネルギー分野 世界最大級!業界トップによるセミナーも同時開催
・第14回 [国際] 太陽電池展 ~PV EXPO~
太陽光発電システムの技術、部材、装置、および太陽電池が一堂に出展する国際商談展
・第10回 太陽光発電システム施工展
太陽光発電システムの設計、施工に関する製品、技術が出展する日本唯一の専門展
・第11回 [国際] スマートグリッド EXPO
電力の供給・需要を制御し、最適化するために必要な技術、製品が一堂に出展
・第12回 [国際]二次電池展
二次電池の開発・製造に必要な部材、装置、および最新の蓄電池が揃う技術展
・第17回 [国際]水素・燃料電池展 ~ FC EXPO 2021~
水素・燃料電池の開発、製造に必要な技術、部材、装置、および燃料電池システムが出展
・第7回 エコハウス&エコビルディングEXPO
環境住宅・省エネ建築に必要な製品・技術が一堂に出展する国際専門展
・第9回 [国際]風力発電展 -WIND EXPO 2021-
部材、装置、関連サービスから風車まで、風力発電の製品・技術が出展する国際商談展
・第6回 [国際] バイオマス発電展
バイオマス発電に必要な燃料や製造装置、計測機器、熱利用技術などが出展する展示会
・第5回[次世代]火力発電 EXPO
高効率な火力発電のためのプラント部品、保守運用、エンジニアリング技術が出展
・第3回 資源循環EXPO
リサイクル技術やバイオプラスチックなど循環型社会実現に向けた技術・サービスが出展

上記同時開催、下記共通
主催:リード エグジビジョン ジャパン株式会社
料金:無料 (要事前登録)
会場:東京ビックサイト 西1-4ホール、南1-4ホール

過去の環境展示会
▲このページの先頭へ戻る

SDGs(エスディージーズ)を広めよう!

SDGs(Sustainable Development GoalsmSustainable Development Goals)は、2015年国連総会で採択された、2030年に向けて持続可能な開発へ世界を変革する行動計画と具体的行動指針。17の目標(下記)と169の達成基準からなる。


SDGの目標

▲このページの先頭へ戻る